メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

入社3年目、民営化改革担い NTT西日本社長・小林充佳さん

制度問題対策室の仲間との解散パーティー。小林社長は右から3番目=1985年3月撮影、本人提供

ルール整備、説得に奔走

 1985年4月、電気通信事業の自由化を背景に日本電信電話公社(電電公社)が民営化されてNTTが誕生しました。その2年前、電電公社の監督官庁で民営化を担当する郵政省(現総務省)に対し、民営化後の事業展開などを相談したりする「制度問題対策室」が公社内に設置されており、84年春にそこへの異動を言い渡されました。

 入社3年目で官営から民営へという大改革の一端を担うことになりました。民営化や自由化を進めるには、ま…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです