メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

遺伝子操作で「拒絶反応なし」 米カリフォルニア大発表

 人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を遺伝子操作することで、本人以外に移植しても免疫に拒絶されず定着できるようになるとの実験結果を、米カリフォルニア大のチームが18日、米科学誌ネイチャーバイオテクノロジーに発表した。再生医療にiPS細胞を利用する場合、患者一人一人から移植用の細胞を作ると多くの時間…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです