メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

対ベネズエラ制裁とイランとの関連=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 今年1月から2期目のベネズエラのマドゥロ大統領の正統性を、不正選挙のゆえに疑わしいと国際社会は見てきた。しかし反米左派政権に対し原油の輸出遮断を図れば米国のガソリン価格へのはね返りは不可避だ。ゆえに選挙結果が出ても強硬策をトランプ大統領は回避してきた。

 まず昨年11月の中間選挙が節目だった。その前はマドゥロ氏にも目をつむり、さらにイラン原油への制裁実施も11月以降とし、日本を含む8カ国に対してイラン原油の輸入継続を今年4月まで許容した。

 原油需給を考慮しつつ、マドゥロ氏の追放を掲げ、1月下旬に経済制裁措置をとる。グアイド国会議長は暫定…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです