メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース時事能力検定試験

池上彰さんが語る 新聞とニュース検定の魅力

「新聞はどんどん破いていい」と話す池上さん=東京都千代田区で、内藤絵美撮影

 新聞やテレビのニュースを読み解き、活用する力を養う「ニュース時事能力検定試験」は、4月から13年目に入ります。これまで毎日新聞社や全国の地方新聞社などが主催してきましたが、2019年度から朝日新聞社が新たに加わり、より広がりを持った検定になります。なぜ、時事問題を読み解くことが大事なのか。新聞やニュースに接すると生活の中でどのように役立つのか。テレビでもおなじみのジャーナリスト、池上彰さんにお話しいただきました。【聞き手・毎日教育総合研究所代表取締役、小島明日奈】

この記事は有料記事です。

残り3197文字(全文3432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです