メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公害調停

ぜんそく患者「車メーカーも負担を」 医療費助成求め申請

トヨタ自動車東京本社前で開かれた医療費助成制度創設を求める要請集会であいさつする石川牧子さん(右)=東京都文京区で2019年2月18日午後2時5分、宮間俊樹撮影

 自動車の排ガスなどによる大気汚染が原因で発症したと訴えるぜんそく患者が18日、全国一律の医療費助成制度の創設を求め、公害等調整委員会に公害調停を申し立てた。実現には自動車メーカーの費用負担が欠かせないため、患者側はトヨタ自動車東京本社(東京都文京区)を訪問。財源負担を決断し、制度創設を国に働きかけるように要請した。【松本惇】

 調停を申し立てたのは全国公害患者の会連合会のほか、首都圏や愛知、大阪などに住む30~90代のぜんそ…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです