メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

受け入れ拡大 法務省説明会 特定技能、支えたくても 「情報ない」企業や団体焦り

日本での生活を語るベトナム人技能実習生のトゥエンさん(右)ら=千葉県流山市で2019年1月28日

 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、4月から導入される新しい在留資格「特定技能」について、法務省は企業などを対象にした地方説明会を始めた。全都道府県で開催する予定だが、受け入れに必要な書類や外国人の支援を担う「登録支援機関」の申請書などは「3月中に法務省のホームページに掲載予定」としている。企業や業界団体などから「情報が乏しく、受け入れの準備が進まない」と焦りの声が上がっている。【金子淳】

 新制度は受け入れ企業などに仕事・生活両面の支援を義務付けている。登録支援機関は、単独で支援できない…

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. デビュー51年目の前川清が初の野外フェス 若者殺到に「天国とはこういう場所なのか」(スポニチ)
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 箱根山、噴火警戒レベル2に引き上げ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです