メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

移植支援、不公平か ZOZO社長呼びかけ3.5億円達成 父複雑「ドナー考える機に」

臓器提供の意思を示すカード。市役所や病院などに置かれている=宇多川はるか撮影

 <access>

 米国での心臓移植手術を目指す男の子への寄付が、インターネット衣料品通販大手ZOZOの前沢友作社長の呼びかけで目標額に達した。だが、他にも重い病気の子はいるのに「不公平だ」という声も上がる。両親は賛否の意見を受け止め「多くの人に事情を知ってもらい、考えてもらうきっかけになれば」と話している。【宇多川はるか】

 この男の子は東京都在住の上原旺典(おうすけ)ちゃん(3)。心臓の機能が弱まる拡張型心筋症のため、補…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1337文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです