メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡空港民営化

県10%出資、35億円 契約締結

 今年4月の福岡空港民営化をめぐり、福岡県は18日、空港運営を担う特別目的会社「福岡国際空港」(福岡市)に35億7000万円を出資し、株式10%を取得する契約を結んだ。県は非常勤取締役も派遣し、福岡国際空港が進める事業計画の策定にも関与する。非常勤取締役には江口勝副知事を充てる方針だ。

 県が出資を決めた背景には、将来構想として掲げる福岡空港と北九州空港(北九…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです