メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拉致対応、日本の路線に試練 米朝会談の行方注視

安倍晋三首相(右から3人目)に今後の活動方針と金正恩朝鮮労働党委員長向けのメッセージの文書を手渡す北朝鮮による拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(右から4人目)、横田めぐみさんの母早紀江さん(同6人目)=首相官邸で2019年2月19日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は今月27、28両日にベトナムの首都ハノイで行われる見通しの2回目の米朝首脳会談を機に、米国を通じて早期の日朝首脳会談開催を働き掛ける方針だ。首相が近くトランプ米大統領と行う電話協議で要請する。ただ米国が核・ミサイル問題での成果を優先し、米朝会談で人道支援を約束するなどの軟化を示せば、「最大限の圧力」で拉致問題の進展を目指す日本の路線は試練にさらされる。ジレンマを抱えた日本政府は会談の行方に神経をとがらせている。

 首相は19日の政府・与党連絡会議で「次は私自身が(朝鮮労働党の)金正恩(キム・ジョンウン)委員長と…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです