メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中が閣僚級通商協議「21日からワシントンで」

 【北京・赤間清広】中国商務省は19日、次回の閣僚級の米中通商協議を21、22両日にワシントンで行うと発表した。貿易戦争収束に向けた協議期限が3月1日に迫る中、交渉期限の延長を含む当面の対立回避策を打ち出せるかが焦点となる。

     劉鶴副首相が渡米し、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官らと協議する。閣僚級の協議は1月末のワシントン、先週の北京に次いで3度目。北京会合では合意事項を明記した「覚書」を交わすことで合意したが、知的財産権侵害など中国の構造問題の是正をめぐる意見対立が解けず、両国の調整が続いている。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
    2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
    3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
    4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
    5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです