JR西、みどりの窓口を大幅減 2030年度までに設置駅6分の1に 券売機は拡充

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR西日本は19日、指定席券などを対面で販売する「みどりの窓口」がある京阪神エリアの駅について、現在の約180から2030年度ごろまでに約30に減らすと発表した。8割減に当たり、代わりにテレビ電話でコールセンターに問い合わせができる新型の自動券売機を増やす。より少ない人数で駅を運営できる態勢を整え…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

あわせて読みたい

ニュース特集