メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマート農業「実用化元年」 ロボットやIT、AIで省力・高収益化

スマート農業のイメージ

 ロボットやIT(情報技術)、AI(人工知能)を駆使して農業の省力化や高収益化を進める「スマート農業」が実用段階に入りつつある。政府は今年をスマート農業の「社会実装元年」と位置づけ、全国で実証実験を始める方針で、高齢化や人手不足など農業が抱える課題の解決につなげたい考えだ。ビジネスチャンスを期待する異業種の参入も相次いでいる。【加藤明子】

この記事は有料記事です。

残り2175文字(全文2345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです