スマート農業「実用化元年」 ロボットやIT、AIで省力・高収益化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマート農業のイメージ
スマート農業のイメージ

 ロボットやIT(情報技術)、AI(人工知能)を駆使して農業の省力化や高収益化を進める「スマート農業」が実用段階に入りつつある。政府は今年をスマート農業の「社会実装元年」と位置づけ、全国で実証実験を始める方針で、高齢化や人手不足など農業が抱える課題の解決につなげたい考えだ。ビジネスチャンスを期待する異業種の参入も相次いでいる。【加藤明子】

この記事は有料記事です。

残り2175文字(全文2345文字)

あわせて読みたい

注目の特集