メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九電、4月にも電気料金値下げ 原発4基体制でコスト低下 今後は「移住者割引」も

九電の池辺和弘社長=矢頭智剛撮影

 九州電力の池辺和弘社長は19日、燃料費の変動分とは別に一般家庭向け電気料金を4月にも値下げする方針を明らかにした。値下げ幅は小規模になる見通し。また、3歳未満の子供がいる家庭と、九州域外からの移住者向けに新たな割引プランの導入を検討していることも明らかにした。九電によると、移住者などを対象にした割引プランは全国でも珍しいという。

 一般家庭向けで値下げするのは契約世帯が九州各地で約400万軒と最も多い「従量電灯B」の料金で、3年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです