メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初

企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性

英EU離脱に備えた主な企業の対応策

 【ロンドン三沢耕平】英国の欧州連合(EU)からの離脱が不透明感を増す中、製造業を中心に生産拠点を国外に移す「英国離れ」が加速してきた。3月29日の離脱まで1カ月余。EUと何の取り決めもない「合意なき離脱」が現実味を帯びる中、生産の落ち込みから英経済が景気後退(リセッション)に陥る可能性も出てきた。

 「もはや危機対応計画ではなく、すでに(危機が)現実になっている」。今月12日、メイ首相と経済界幹部との電話協議で、各企業から不満の声が噴出した。英タイムズ紙によると、この会談で米自動車大手フォード・モーターは生産拠点を英国外に移すことを首相に通告。「合意なき離脱」となった場合、最大10億ドルの費用がかかるといい、英国内で働く約1万3000人の雇用が失われかねないと訴えた。

 離脱に伴う混乱を避けるため、自動車大手ジャガー・ランドローバーや独BMWは英工場での操業を4月に一…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1265文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです