メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習氏「西側の『司法独立』歩まぬ」と明言 中国共産党指導を強調 理論誌で欧米に反論

 【北京・河津啓介】中国共産党の政治理論誌「求是」は今月発行の最新号で、習近平党総書記(国家主席)の司法制度に関する演説を掲載した。習氏は「西側の『憲政』『三権分立』『司法の独立』の道は歩まない」と明言。党の指導を前提とする独自の「法治」を正当化し、欧米で高まる中国の司法制度への批判に反論した。

 演説は昨年8月、法治の推進に関する党組織の会議で行った。3月の全国人民代表大会(全人代)を前に内容を公表することで、米中摩擦や経済の下振れ圧力に直面する中、国内の引き締めを図る意図もありそうだ。

 習氏は法治の重要性を指摘したうえで「党の指導を弱めるものであってはならない」と述べ、司法に対する党の優位性を強調した。「国情と現実を出発点とした法治の道を歩み、他国を決して模倣してはならない」とし、西側の価値観を受け入れない意思を示した。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです