メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ

習氏「西側の『司法独立』歩まぬ」と明言 中国共産党指導を強調 理論誌で欧米に反論

 【北京・河津啓介】中国共産党の政治理論誌「求是」は今月発行の最新号で、習近平党総書記(国家主席)の司法制度に関する演説を掲載した。習氏は「西側の『憲政』『三権分立』『司法の独立』の道は歩まない」と明言。党の指導を前提とする独自の「法治」を正当化し、欧米で高まる中国の司法制度への批判に反論した。

 演説は昨年8月、法治の推進に関する党組織の会議で行った。3月の全国人民代表大会(全人代)を前に内容を公表することで、米中摩擦や経済の下振れ圧力に直面する中、国内の引き締めを図る意図もありそうだ。

 習氏は法治の重要性を指摘したうえで「党の指導を弱めるものであってはならない」と述べ、司法に対する党…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです