大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大津中2自殺損害賠償訴訟の争点
大津中2自殺損害賠償訴訟の争点

 大津市で2011年、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が当時の同級生3人と保護者に計約3850万円の損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁は19日、いじめ行為と自殺との因果関係を認め、元同級生2人に、請求のほぼ全額となる計約3750万円の支払いを命じた。西岡繁靖裁判長は「生徒の自殺の主たる原因は、2人の元同級生の行為にあったと優に認められる」と判断した。

 市が設置した第三者調査委員会も2人の行為を「いじめ」と認定し、「重篤ないじめ行為は、自死につながる直接的要因になった」としており、この判断をほぼ踏襲する形となった。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文955文字)

あわせて読みたい

注目の特集