メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寿命つかさどるたんぱく質を発見 自食作用抑える 阪大など研究チーム

加齢でルビコンが増え、老化につながる仕組み

 寿命や老化現象に関わるたんぱく質を発見したと、大阪大などの研究チームが19日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)で発表した。細胞内の不要物を分解する「オートファジー」(自食作用)を抑えるたんぱく質で、細胞内で作れないようにしたハエや線虫は寿命が1.2倍に延び、マウスはパーキンソン病の発症が抑えられたという。

 オートファジーは大隅良典・東京工業大栄誉教授が仕組みを解明し、2016年のノーベル医学生理学賞の受…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  3. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害事件 死刑確定 被告が控訴取り下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです