メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性暴力根絶条例、21日成立へ 住所届出義務化、疑問の声も 福岡県

 18歳未満への性犯罪で服役した出所者が県内に住む場合、氏名や住所、連絡先などを県に届け出るよう義務づける「福岡県性暴力根絶条例(仮称)」案が21日の県議会本会議で可決・成立する見通しだ。大阪府に次ぎ全国2例目となるが、効果は不透明で疑問の声も上がっている。

 県議らによる検討会議が策定し、1月22日に公表された条例案は、出所者に再犯防止プログラムや治療の支援をする一方、正当な理由なく届け出なければ5万円以下の過料を科すとした。

 これに対し、県弁護士会(上田英友会長)は2月7日付の反対声明で「前科情報はプライバシー性が高く、公…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです