メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖毎日マラソン、海外・国内の招待選手を発表

川内優輝(埼玉県庁)

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」シリーズの第74回びわ湖毎日マラソン(3月10日、滋賀・皇子山陸上競技場発着)=毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛=の海外、国内の招待選手18人を含む出場選手が19日、発表された。国内招待は「最強の公務員ランナー」の川内優輝(埼玉県庁)、16年リオデジャネイロ五輪代表の佐々木悟(旭化成)ら8人が名を連ねた。

 川内は4月からプロに転向するため、主要マラソンに公務員として臨むのは今回が最後となる見通し。他の国内招待は、既にMGC出場権を獲得している山本憲二(マツダ)、10日の全日本実業団ハーフマラソンで日本勢トップの3位に入った大石港与(トヨタ自動車)ら。海外招待は10人で12年ロンドン五輪覇者のスティーブン・キプロティク(ウガンダ)らが出場する。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです