メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

ISに狙われたユダヤ博物館が向き合う過去と未来

ブリュッセルにあるユダヤ博物館のパスカル・ファレク・アルハデフ館長。2014年に博物館が襲撃されたテロ事件は、「博物館としての考えを変えることにつながった」と語った=ブリュッセルで2019年2月1日15時49分、八田浩輔撮影

 2014年にブリュッセルで4人が犠牲になったユダヤ博物館の銃撃事件は、過激派組織「イスラム国」(IS)が絡んだ欧州で初めてのテロだった。事件の公判が今年1月に始まり、後に欧州各地で続いたテロとの関わりに改めて注目が集まっている。事件は博物館に何をもたらしたのか。館長のパスカル・ファレク・アルハデフさんに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2152文字(全文2309文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです