メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ややパリには遠く~南仏留学記

寒さを避けて楽しむ「ゲームの夜」 冬場のフランス、こんな過ごし方も

いろいろな種類のチーズを食べて、ゲームの前に腹ごしらえをする「ソワレ・ジュー」のお客さんたち=2019年1月25日、久野華代撮影

 フランス語を身につけるため2018年4月からフランスに留学しています。新聞記者の仕事を離れ、語学学校に通う日常生活を日記風につづっています。昨年4月から北部のルーアンで、10月からは南部のモンペリエで、ホームステイをしながら過ごしています。

 フランスでも今月、インフルエンザの患者数が警戒レベルを超えて全土で流行しています。新聞には「インフルエンザの感染防止にはマスクを使いましょう」という記事が載っていました。ただ友人のソラヤさんによるとフランスでは「マスクをしているとインフルエンザよりもっと重篤な伝染病にかかったと思われる」そうで、街ではマスク姿の人をほぼ見かけません。しかし、トラムに乗れば盛大なくしゃみが聞こえてくることがしばしばあって流行を実感します。インフルエンザではありませんが、私もこちらで風邪を引きました。下宿先の夫妻は、のどが痛いと訴えればプロポリスエキスのようなものをとかした水でうがいを指示し、鼻がつまって苦しいと言えば枕元に爽快感のあるエッセンシャルオイルを垂らし、熱が下がれば「免疫力を付けなさい」とハーブティーをすすめてくれました。フランスでは、「普通の風邪ならとにかく休むこと」と言って、薬を飲まない人も多いようです。弱った身には夫妻が世話をやいてくれるのがうれしく、温かい布団で養生できる喜びをかみしめました。

 異国で体調を崩すと、普段よりもさらに心細く、不安になるものです。高校1年生の夏休みに英国での語学研修に参加した時のことですが、ここでも風邪を引きました。しかし体調が悪いことをホームステイ先の人に伝えられず「ちゃんと学校へ行きなさい!」と家から追い出されました。おなかを押さえてのたうち回って訴えればよかったのですが、そんな度胸もなく、しくしくと泣きながら学校へ。今、思い出しても当時の自分が気の毒。…

この記事は有料記事です。

残り2301文字(全文3075文字)

久野華代

1983年三重県生まれ。東京外国語大学を卒業後、2006年に毎日新聞に入り北海道や東京で記者として働いた。日当たりの良いテーブルか、あたたかい布団で本を読むことが好き。寒い部屋ならルイボス茶をいれる。山菜採りも好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです