メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 中江有里『残りものには、過去がある』

読むことと書くことを通して本と人の橋渡しをしていきたい

◆『残りものには、過去がある』中江有里・著(新潮社/税別1500円)

 さまざまな人が集まった披露宴。訳ありな様子の新婦の従姉妹(いとこ)。誰も招待していない(?)ご祝儀泥棒。そして、その場にはいなくとも、「今日はあの人の結婚式……」と思いを馳(は)せる人が、同じ空の下のどこかにいる。そんな披露宴を巡るドラマを、式次第の進行に重ねて綴(つづ)ったのが本書だ。

「連作短編を、という話が出たときにまず思い浮かんだのが披露宴でした。友人の披露宴に出席するたび、神社…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです