メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[試乗]現代に蘇ったホットハッチ! 三菱の小型SUVエクリプスクロスを雪上で満喫

情報提供:カートップ

【試乗】現代に蘇ったホットハッチ! 三菱の小型SUVエクリプスクロスを雪上で満喫

スノーモードでトラコンONならイージードライブ

 三菱のエクリプスクロスにはじめて乗ったときに感じたのは「現代なりのホットハッチ」の解釈方法というものだった。日本でホットハッチが流行った時代、さまざまなメーカーから魅力的な車種がたくさん登場した。三菱でいえば、ミラージュにサイボーグなんてモデルがあって、その機敏な走りは高い評価を受けていた。当時も大パワーのスポーツカーは存在していたけど、峠ならそんなスポーツカーを追い回せる(もちろんやっちゃダメよ)ような性能が若者に受けたというわけだ。

エクリプスクロス

 現在、クルマの基本形がSUVへとなりつつある。もちろんセダンはセダンできちんとしたマーケットを持っている。たとえば、アメリカや中国ではいまでもセダンの評価が高い。しかし、日本や中東ではSUVこそがクルマの基本形という風潮だ。私はこの流れはあまり好きではないが、世間の流れがそうならば仕方ない。そしてそうした流れのなかで、さまざまなSUVが出てくるのは当たり前。SUVだからキビキビした走りがダメという評価はおかしく、キビキビしたSUVはキビキビしたSUVらしい使い方をすればいい。

エクリプスクロス

 さて、エクリプスクロスのスノードライブだ。走り出しの際の走行モードはスノー、トラクションコントロールはオン。試乗会場の千歳モーターランドは全面圧雪。しかもその圧雪路面の下はテカテカの磨かれた雪面。一般的なドライバーであればこのモードで走るのが当たり前だろう。

エクリプスクロス

 発進時のアクセル操作に対するトルクの出方はゆったりとしている。舗装路面のつもりでアクセルを開けていけば、当然のごとく出力は絞られてしまう。ある程度の節操をもってアクセルを開けていくと、駆動力が上手に全輪に伝わりしっかりとした加速を確保、速度がぐいぐい上がっていく。じつはこのあたりのフィーリングは走行モードをグラベルにしても変わらない。トラクションコントロールのオン-オフによって、大きな違いが出る領域だ。

エクリプスクロス

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです