メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難訴訟 国にも責任5件目 賠償命令 横浜地裁

 2011年の東京電力福島第1原発事故によって福島県から神奈川県内などへ避難した住民ら60世帯175人が、国と東電に対して計約53億9000万円の損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁(中平健裁判長)は20日、国と東電両者の責任を認め、152人に計約4億1900万円を支払うよう命じた。一方、23人の請求は棄却した。

 同種訴訟は全国で約30件あり、判決は8件目。8件とも東電の責任を認め、国の責任も認めたのは前橋、福島、京都、東京の地裁判決に続いて5件目となる。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです