特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

チェック

東京五輪、選手公式服は… 日本らしさ、和紙も候補

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1964年東京五輪以降の開会式の服装
1964年東京五輪以降の開会式の服装

 2020年東京五輪で、日本選手団が着用する公式服の選考が進んでいる。選考委員の間では開会式での暑さ対策や日本文化の発信を狙い、風通しの良い和紙などを素材とするアイデアも浮上。1964年の東京五輪以降は赤色のジャケットに白色のパンツ姿の「日の丸カラー」が多かったが、来夏の開会式で日本の選手たちはどんな姿で新国立競技場に登場するか。【倉沢仁志】

 素材やデザインの選考委員会は、2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(46)ら夏季五輪経験者を含む10人で構成。初の外部委員として日本アパレル・ファッション産業協会の戸張隆夫専務理事(67)も加わった。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文864文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集