メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの3.11

東日本大震災8年/1 福島県いわき市 アサダワタルさん

新作の「ラジオ下神白」第5集について、被災者に説明するアサダワタルさん(右端)=福島県いわき市で、須藤唯哉撮影

 1月下旬の福島県いわき市。音楽やアート、文筆など幅広い分野で活動するアサダワタルさん(40)は、東京電力福島第1原発事故の避難者が暮らす同市内の災害公営住宅(復興住宅)にいた。住民に取材した思い出の歌と、それにまつわるエピソードを紹介するラジオ番組の形式にしたCDを配っていたからだ。被災者の地域交流を促進するため、音楽を活用した取り組みは実を結び始めている。

 アサダさんはこの日、一緒に活動するNPO法人のスタッフと2人で「県営下(しも)神白(かじろ)団地」を戸別訪問し、完成したばかりのCD「ラジオ下神白」の第5集を手渡していた。顔なじみの住民も少しずつ増え、今では自宅にあがってよもやま話に花を咲かせたり、お菓子や自家製の漬物を持たされたりすることも珍しくない。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです