メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 全共闘世代の逝き方=中森明夫

岡留安則さん=中村琢磨撮影

 年が明けて、2人の知人が亡くなった。岡留安則氏と橋本治氏である。1947~48(昭和22~23)年生まれ。岡留氏は71歳で、橋本氏が70歳。同学年の2人はいわゆる団塊の世代だ。ビートたけし、村上春樹、矢沢永吉、テリー伊藤といった同世代の面々の現在の活躍を見れば、亡くなるような年じゃない。ひと回り下の新人類世代、まもなく誕生する新天皇と同い年の私は、彼ら団塊の人々を目の上のタンコブのように見てきた。出版界は団塊の巣だ。けれども10年後の自らの行く末をも思い、この兄貴世代の傑出した2人の思い出を綴(つづ)ってみたい。

 岡留安則氏は「噂の真相」の編集長だった。79年創刊、タブーに斬り込む反権力スキャンダル雑誌として話…

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1670文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです