メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

培った技、飽きさせぬ演出 「ミュージックステーション」美術デザイナー 井磧伸介さん

井磧伸介さん=屋代尚則撮影

 1986年に始まったタモリが司会を務めるテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」。毎週、金曜午後8時の生放送に向け、美術のスタッフらは前週から一曲一曲、打ち合わせを始める。「この曲は照明を前面に」「CG(コンピューターグラフィックス)を前面に」。翌週月曜から、大道具や電飾の発注などを進め、セットが作られていく。そのスケジュールは入社した当時から「変わらぬスタイル」なのだという。

 毎回、歌手ごとに趣向を凝らしたセットが用意されるのが番組の特徴だ。テレビ画面に映っていない短い時間…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文751文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです