メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内視鏡手術

慶大開発、軟らかロボ 負担小さく深部に届く

開発した手術支援ロボットについて説明する和田則仁・慶応大専任講師=東京都新宿区信濃町の慶応大学病院で、荒木涼子撮影

 慶応大医学部のチームは、体内に挿入する部分(直径34ミリ)が柔軟に曲がる内視鏡手術支援ロボットを開発し、試作機を公開した。患者の負担が小さく、体の深い部分にも届くようになるという。2020年代半ばの実用化を目指す。

 手術では、胸や腹に開けた穴から手術器具が付いたロボットを挿入する。既存のロボットは体に入れる部分が曲がらないため、患者の体に複数の穴を開ける必要があった。約3…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです