連載

とうほく彩発見/青森

毎日新聞デジタルの「とうほく彩発見/青森」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

とうほく彩発見/青森

増加する小中一貫校=高橋興さん /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

綿密な事前準備不可欠 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 小中一貫教育の取り組み例が増えている。小中一貫教育は、子どもたちが小学校から中学校へ進む際、学級担任制から教科担任制に変わることなどで生じる「中一ギャップ」の解消策の一つとして取り組みが始まった。ただ、これまでは「特区」や「特例校」制など国の認可を受けた特別なものとして行われてきた。2016年4月の法改正で設置者である教育委員会の判断で導入が可能になったこと、導入成果への高い評価が、小中一貫校増加の背景にあると思われる。

 私がアドバイザーなどとして関わる事例も、約3年間お手伝いし昨年4月から市立小中学校の大半で一斉導入した弘前市など青森県内のほか、栃木や山形・福島など県外でも増え、実践に密着しながら研究を深める機会を得ている。

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1650文字)

あわせて読みたい

注目の特集