メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

増加する小中一貫校=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

綿密な事前準備不可欠 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 小中一貫教育の取り組み例が増えている。小中一貫教育は、子どもたちが小学校から中学校へ進む際、学級担任制から教科担任制に変わることなどで生じる「中一ギャップ」の解消策の一つとして取り組みが始まった。ただ、これまでは「特区」や「特例校」制など国の認可を受けた特別なものとして行われてきた。2016年4月の法改正で設置者である教育委員会の判断で導入が可能になったこと、導入成果への高い評価が、小中一貫校増加の背景にあると思われる。

 私がアドバイザーなどとして関わる事例も、約3年間お手伝いし昨年4月から市立小中学校の大半で一斉導入…

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです