メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成巽閣庭園

加賀藩ゆかり国名勝を活用 金沢市が修復保存計画 /石川

保存活用計画案がまとまった「成巽閣庭園」の一角=金沢市提供

 金沢市は、加賀藩ゆかりの「成巽閣(せいそんかく)庭園(国名勝)」の保存活用計画案をまとめた。幕末から約90年かけて整備された庭園で、石灯籠(とうろう)や樹木の傷みが進んでいる。今後は計画に沿って修復し、見学者への説明などを充実させる。

 成巽閣は幕末の1863(文久3)年、加賀藩十三代藩主の前田斉泰(なりやす)の母、真龍院の隠居所として建てられた。庭は同時に整備され、1949年までにほぼ現在の姿になった。市は2017年に庭園の国名勝の範囲が広がったことを受け、…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです