医療ミス

がんでない部位を切除 一宮市民病院和解 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一宮市民病院は19日、市内の男性(65)に対し、がんではない胃の部位を切除する医療ミスがあったと発表した。市が男性に660万円の損害賠償金を支払うことで和解した。

 病院によると、男性は過去に胃がんと診断され、同病院で手術を受けた。男性は2016年8月、同病院で胃の内視鏡検査を行い、過去に手術した部…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

注目の特集