メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん、名誉市民に 京都市が称号「大変うれしい」 /京都

京都市の門川大作市長(左)から記念の銅板を贈られた本庶佑・京都大特別教授=京都市中京区の市会議場で分、菅沼舞撮影

 京都市は19日、昨年のノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑(たすく)・京都大特別教授(77)に市名誉市民の称号を贈った。京都市中京区の市会議場であった贈呈式で、門川大作市長が記念のメダルと、本庶さんの肖像と功績が刻まれた銅板(縦32センチ、横54センチ)、賞状を手渡した。本庶さんは取材に「大変うれしい。感謝申し上げます」と語った。

 本庶さんは京都市生まれ。小中高校時代は山口県で過ごし、京大入学後は米国や東京・大阪などで過ごした約…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです