メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸識字交流会

草京子さんを悼む 学び続ける大切さ胸に 高齢者、外国出身者…仲間たちと体験発表 /兵庫

草京子さん=神戸市中央区で2016年9月10日、木田智佳子撮影

 識字教室や夜間中学で学ぶ人たちが集う「第21回神戸識字交流会」が17日、神戸市内で開かれた。家庭の事情などで義務教育を受けられなかった高齢者や外国出身者、支援者ら約130人が参加。体験発表などを通して、学び続ける大切さを確認し合った。冒頭、学びの場を求める人たちを最期まで気にかけ、先月65歳で病死した元夜間中学教諭、草(くさ)京子さんを悼み、黙とうをささげた。【木田智佳子】

 識字教室は、阪神大震災後、読み書きが不自由で手続きなどに困った被災者がいたことから、神戸市長田区などでボランティアらが開設。市内の公民館や定時制高校内で続けられ、夜間中学と共に学び続ける人たちのよりどころとなっている。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流失 9日も大雨の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです