メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協定

災害時に信号機電源の発電機 ヤンマーと県警 /兵庫

協定式で握手を交わす松元美智久・兵庫県警交通部長(左)と徳永洋治・ヤンマーエネルギーシステム大阪支社長=同県警本部で、黒川優撮影

 昨年9月の台風21号で停電が発生し、信号機が消灯する被害が相次いだことを受け、県警は19日、災害による停電時に信号機を復旧させるための発動発電機を無償で借りる協定を「ヤンマーエネルギーシステム大阪支社」(尼崎市)と結んだ。災害時に交通整理に充てていた人員を人命救助に割く狙い。

 県警によると、昨年9月の台風21号で、県内では神戸…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  3. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. マレーシア機撃墜でロシア人ら4人を殺人容疑で訴追 合同捜査チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです