メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島合同庁舎

「入庁時検査、廃止を」 45市民団体、地高裁に要望書 /広島

 広島地高裁などが入る合同庁舎本館(中区上八丁堀)で昨年10月から実施している入庁時の所持品検査は厳重すぎるとして、原発訴訟などに関わる45の市民団体が19日、廃止を求める要望書を同地高裁に提出した。

 検査は2017年に仙台地裁で被告が持ち込んだ刃物で傍聴席の警察官2人を切りつけた事件を受けて一部の…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです