メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

室戸青少年自然の家

芸術に出会える場所 人や竜、芸大生らが壁画 若者に考える力を /高知

施設の建物内で墨絵壁画「湿気竜」の制作に取り組む一ノ瀬健太さん=高知県室戸市で、郡悠介撮影

 若者たちが芸術に触れ合える場所をと、室戸市元乙の国立施設「室戸青少年自然の家」で、東京芸術大(東京都)の学生らが18日から、壁画を制作している。自然の家が依頼して実現したプロジェクトで、リーダーの東京芸術大大学院、一ノ瀬健太さん(33)は「子どもたちも壁画作りに興味を持ち、自分で考える力を養う場にできれば」と意気込む。【郡悠介】

 自然の家は青少年らが海や山を生かした自然体験、宿泊などをする施設。小野保所長(52)が、街全体の壁…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです