メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキワ荘

眠っていた天井板

故・手塚治虫氏が直筆で「リボンの騎士」のサファイアと自画像を描いて記者クラブに寄贈したトキワ荘の天井板=東京都新宿区で2019年2月14日、根岸基弘撮影

 漫画家の手塚治虫さん(1928~89年)が自身の姿などを描き込んだ天井板が、警視庁新宿署の記者クラブにひっそりと置かれている。手塚さんがかつて住んでいた「トキワ荘」(東京都豊島区)の解体を知らせた若手記者らに贈った「作品」で、35年以上にわたって大切に保管されてきた。

 天井板は縦90センチ、横30センチで、…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文257文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです