メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダ

「英工場21年停止」 欧州苦戦、生産体制見直し

記者会見するホンダの八郷隆弘社長=東京都港区で2019年2月19日午後5時9分、長谷川直亮撮影

 ホンダは19日、欧州唯一の四輪車生産拠点である英国南部のスウィンドン工場での生産を2021年中に終了すると発表した。欧州での販売に苦戦しており、生産車の多くを北米や日本などに輸出していることから、生産体制を見直す。英国の欧州連合(EU)離脱を巡り不透明感が高まる中、雇用減少などで英国経済に打撃となりそうだ。【松本尚也】

 同工場は1985年に設立。18年は主力の小型車「シビック」などを約16万台生産した。16万台は英国の自動車生産全体の約1割に当たる。

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです