萩生田・自民幹事長代行

ユネスコに記憶遺産の改革要求

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は19日、首相官邸で自民党の萩生田光一幹事長代行と会い、萩生田氏と国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長がフランスで会談した際の報告を受けた。日本政府は、ユネスコ所管の「世界の記憶」(世界記憶遺産)の登録制度が歴史認識問題を悪化させるとして改革を要求しており、アズレ氏は前向き…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

あわせて読みたい

注目の特集