メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

査読ずさんなハゲタカ学術誌 研究者自ら科学の信頼壊す=鳥井真平(大阪科学環境部)

ハゲタカジャーナルのずさんさを証明するため、米国の研究者が科学的に意味のない文章をコンピューターで作成し、2014年に投稿した論文

 掲載料を目当てに、ずさんな内容チェック(査読)で科学論文を掲載するインターネット専用の粗悪学術誌(通称・ハゲタカジャーナル)の問題を追及している。本来、学術誌への論文掲載は厳正なチェックに合格したことを意味し、だからこそ内容は信頼され、研究者の業績として認められる。しかし、ネット専用誌が普及し、ハゲタカ誌が紛れ込む状況が生まれた。日本の研究者の一部も粗悪論文をハゲタカ誌で発表し、業績作りに利用している。事態は深刻だ。

 「投稿勧誘メールがたくさん来て困っている。内容がない論文でも掲載されるらしい」。2017年10月、知り合いの大学教授から聞いた言葉が取材のきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り1700文字(全文1989文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです