メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

査読ずさんなハゲタカ学術誌 研究者自ら科学の信頼壊す=鳥井真平(大阪科学環境部)

ハゲタカジャーナルのずさんさを証明するため、米国の研究者が科学的に意味のない文章をコンピューターで作成し、2014年に投稿した論文

 掲載料を目当てに、ずさんな内容チェック(査読)で科学論文を掲載するインターネット専用の粗悪学術誌(通称・ハゲタカジャーナル)の問題を追及している。本来、学術誌への論文掲載は厳正なチェックに合格したことを意味し、だからこそ内容は信頼され、研究者の業績として認められる。しかし、ネット専用誌が普及し、ハゲタカ誌が紛れ込む状況が生まれた。日本の研究者の一部も粗悪論文をハゲタカ誌で発表し、業績作りに利用している。事態は深刻だ。

 「投稿勧誘メールがたくさん来て困っている。内容がない論文でも掲載されるらしい」。2017年10月、…

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文1989文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです