メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「人間の盾」IS最後の抵抗 イラク国境の街、攻略難航

IS最後の拠点、シリア東部バグズ。歩いているのはIS戦闘員とみられる=2019年2月18日、ロイター

 【カイロ篠田航一】シリア東部で過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を続けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は、IS戦闘員が最終拠点として立てこもるイラク国境のバグズへの攻勢を強め、18日までにIS残党をバグズ市内の1平方キロ未満の狭い区域に追い詰めた模様だ。だがIS側は取り残された住民を「人間の盾」として抵抗を続けており、攻略は難航しているとみられる。

 SDFを支援する一方、シリア駐留米軍の撤収を見据えるトランプ米大統領は15日に「ISの支配地域消滅は24時間以内に発表されるだろう」と語ったが、当初の見通しよりも制圧は遅れている模様だ。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです