メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
英国

労働党7人離党 党首批判、EU離脱再投票求め

 【ロンドン矢野純一】英国の最大野党・労働党の下院議員7人が18日、離党した。離党議員の多くは欧州連合(EU)からの離脱を巡り、交渉結果を再び国民投票にかけることを求め、国民投票に積極的ではないコービン党首と対立していた。労働党から離党者が続くとの見方に加え、少数の保守党議員も合流するとの観測もあり、大きなうねりになれば離脱の行方に影響を与える可能性もある。

 離党した議員は中道寄りで、影の内閣の元閣僚や党内に影響力を持つ有力若手議員もいる。コービン氏の急進…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文740文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです