メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

渡会幸治さん=警視庁捜査1課長に就任した

渡会幸治さん=春増翔太撮影

渡会幸治(わたらい・ゆきはる)さん(53)

 「進歩を続ける捜査手法と被害者や遺族に寄り添う気持ち。その二つを持って捜査に当たりたい」。殺人事件などの凶悪犯罪を担当する警視庁捜査1課。その74代目の長として約400人の刑事を率いる覚悟を語った。

 18歳で入庁後、20代から一貫して刑事畑を歩んできた。記憶に残るのは1995年の地下鉄サリン事件。現場に居合わせ被害を受けた妊婦に聴取した時だ。「おなかの子は大丈夫でしょうか」と聞かれ、言葉に詰まったという。「犯罪は被害者の人生を変えてしまう。女性や子どもの心に傷をつける事件は許せない」と語る…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選2019・激戦えひめ 最後の日曜、訴え熱く /愛媛
  3. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです