メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

木材で持続可能な都市開発 化石資源の使用抑える「バイオシティー」

 ストローやレジ袋などを減らす「脱プラスチック」の流れが世界で加速する中、街づくりでも石油など化石資源の使用を減らす「バイオシティー」という考え方が広がりつつある。木造の超高層ビル構想も出るなど、大都市を舞台にした資源循環のモデル構築が始まった。【渡辺諒】

 「都市開発で化石資源の使用が増え続けている。街づくりの変換が必要だ」

 スペイン・バルセロナで昨年11月に開かれた「バイオシティーフォーラム」の冒頭、議長のぺーション元スウェーデン首相は強調した。同フォーラムは、身近なプラスチック製品を再生可能な生物資源で代替して作ろうという概念「バイオエコノミー」を、街づくりの分野でも推進しようと欧州森林研究所(本部・フィンランド)などが主催。各国から研究者や行政関係者らが参加した。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 新型コロナ感染者 国内で初めて2000人超える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです