メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 3月3日は桃の節句。ひな人形を飾ったりごちそうを作ったりして、子どもの健やかな成長を祈る日だ。今年は、子どもと一緒に作れるフェルトの「つるし飾り」で華やかさをプラスしてみてはいかが。横浜市在住のクラフトプランナー、こんどうみえこさんに作り方を教わった。

 つるし飾りは、ちりめん細工で作った縁起物をひもでつなげて作る。静岡・伊豆稲取の「雛のつるし飾り」、山形・酒田の「傘福」、福岡・柳川の「さげもん」の「日本三大つるし飾り」を中心に広まったといわれている。いずれも歴史は江戸時代から。桃の節句に無病息災や良縁を願って飾るものや、商売繁盛を願うものがある。飾りには意味があり、例えば赤ちゃんがハイハイしている姿の「這(は)い子人形」は「丈夫に元気に育つように」、羽子板は「無事に成長して幸せを招くように」との思いが込められている。

 現在はインテリアとして楽しむ家庭が増え、高級ひな人形を販売する飯田人形(静岡県磐田市)では、ひな人形と一緒に販売することがあり、手作り教室も開いているという。近年は伝統にとらわれない自由なモチーフも多く、ハロウィーンやクリスマスに合わせた飾りもある。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです