連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

揺れる 手作りおひな様

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3月3日は桃の節句。ひな人形を飾ったりごちそうを作ったりして、子どもの健やかな成長を祈る日だ。今年は、子どもと一緒に作れるフェルトの「つるし飾り」で華やかさをプラスしてみてはいかが。横浜市在住のクラフトプランナー、こんどうみえこさんに作り方を教わった。

 つるし飾りは、ちりめん細工で作った縁起物をひもでつなげて作る。静岡・伊豆稲取の「雛のつるし飾り」、山形・酒田の「傘福」、福岡・柳川の「さげもん」の「日本三大つるし飾り」を中心に広まったといわれている。いずれも歴史は江戸時代から。桃の節句に無病息災や良縁を願って飾るものや、商売繁盛を願うものがある。飾りには意味があり、例えば赤ちゃんがハイハイしている姿の「這(は)い子人形」は「丈夫に元気に育つように」、羽子板は「無事に成長して幸せを招くように」との思いが込められている。

 現在はインテリアとして楽しむ家庭が増え、高級ひな人形を販売する飯田人形(静岡県磐田市)では、ひな人形と一緒に販売することがあり、手作り教室も開いているという。近年は伝統にとらわれない自由なモチーフも多く、ハロウィーンやクリスマスに合わせた飾りもある。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文1097文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集