メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 3月3日は桃の節句。ひな人形を飾ったりごちそうを作ったりして、子どもの健やかな成長を祈る日だ。今年は、子どもと一緒に作れるフェルトの「つるし飾り」で華やかさをプラスしてみてはいかが。横浜市在住のクラフトプランナー、こんどうみえこさんに作り方を教わった。

 つるし飾りは、ちりめん細工で作った縁起物をひもでつなげて作る。静岡・伊豆稲取の「雛のつるし飾り」、山形・酒田の「傘福」、福岡・柳川の「さげもん」の「日本三大つるし飾り」を中心に広まったといわれている。いずれも歴史は江戸時代から。桃の節句に無病息災や良縁を願って飾るものや、商売繁盛を願うものがある。飾りには意味があり、例えば赤ちゃんがハイハイしている姿の「這(は)い子人形」は「丈夫に元気に育つように」、羽子板は「無事に成長して幸せを招くように」との思いが込められている。

 現在はインテリアとして楽しむ家庭が増え、高級ひな人形を販売する飯田人形(静岡県磐田市)では、ひな人…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  5. 見つけた・この店 新潟 帽子屋マットメント 「最強のおしゃれアイテム」に特化 /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです