メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 3月3日は桃の節句。ひな人形を飾ったりごちそうを作ったりして、子どもの健やかな成長を祈る日だ。今年は、子どもと一緒に作れるフェルトの「つるし飾り」で華やかさをプラスしてみてはいかが。横浜市在住のクラフトプランナー、こんどうみえこさんに作り方を教わった。

 つるし飾りは、ちりめん細工で作った縁起物をひもでつなげて作る。静岡・伊豆稲取の「雛のつるし飾り」、山形・酒田の「傘福」、福岡・柳川の「さげもん」の「日本三大つるし飾り」を中心に広まったといわれている。いずれも歴史は江戸時代から。桃の節句に無病息災や良縁を願って飾るものや、商売繁盛を願うものがある。飾りには意味があり、例えば赤ちゃんがハイハイしている姿の「這(は)い子人形」は「丈夫に元気に育つように」、羽子板は「無事に成長して幸せを招くように」との思いが込められている。

 現在はインテリアとして楽しむ家庭が増え、高級ひな人形を販売する飯田人形(静岡県磐田市)では、ひな人…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです