メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

球春・キーマンに聞く 憧れの「55」で100打点 松山竜平内野手兼外野手 広島・33歳

シートノックで一塁の守備につく広島・松山=沖縄市で2019年2月17日、田中将隆撮影

 各球団の「キーマン」の今季にかける思いを随時、紹介する。今回はセ・リーグ4連覇と35年ぶりの日本一を狙う広島の松山竜平内野手兼外野手(33)。昨季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留し、背番号も「55」に変更して飛躍を誓う。【聞き手・田中将隆】

 --昨季は規定打席をクリアし、打率も3割超え。今年の目標は。

 ◆チームの力になるためにも100打点が目標。本塁打にこだわりはないが、そのためには自然と20本以上が必要になると思う。とにかく長打を増やしたいと思っているが、それにはまず確実性を高めること。まだ採用するか分からないが、バットのグリップエンドの形を変えるなど試していることもある。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです