メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキワ荘

名残の手塚画 解体中、天井板に「リボンの騎士」 東京・豊島区、公開検討

 漫画家の手塚治虫さん(1928~89年)が「リボンの騎士」などを描き、警視庁新宿署の記者クラブで保管されていた「トキワ荘」(東京都豊島区)の天井板の公開が検討されている。天井板は縦90センチ、横30センチで、区が2020年に開設するトキワ荘の復元施設での展示を申し入れた。【奥山はるな】

 手塚さんが天井板に絵を描いたのは82年12月1日。トキワ荘の解体に気付いた記者の取材がきっかけだった。

 池袋警察署に取材拠点の記者クラブがある「五方面」の担当だった元読売新聞編集委員の小出重幸さん(67…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです