メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領、北朝鮮の非核化「急がない」 会談前に予防線

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は19日、北朝鮮の非核化に関して、ミサイル発射や核実験がない限りは「急ぐことはない」と述べ、早急な実現を追求しない考えを示した。月末に予定される金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談を前に、非核化への具体的措置で合意できなかった場合への予防線を張った形だ。ホワイトハウスで記者団に語った。また20日に安倍晋三首相と北朝鮮問題で電話協議することも明らかにした。

 トランプ氏は「会談では、とても前向きなことが起こるのではないか」と楽観的な見通しを示しつつ、核・ミサイル実験の中断をはじめとした緊張緩和を既に達成した「実績」を強調することで、非核化交渉で目立った進展がなかった場合も見越して期待値を下げる思惑もあるとみられる。

 さらに「核問題が解決すれば、北朝鮮は驚異的な経済強国になると私は信じている」と語り、北朝鮮の発展を支援する考えを改めて強調した。20日の安倍首相との協議でも将来的な経済協力の枠組みを議論する可能性もある。

 米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は19日、北朝鮮国務委員会の金革哲(キムヒョクチョル)米国担当特別代表との実務協議に臨むためハノイに向け出発した。首脳会談の議題や合意項目、共同宣言の文言など首脳会談前の最終調整にあたる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです